The HIRO Says

If you smell what The HIRO is cooking!!!

自分自身の答え合わせとふりかえりの場だったRSGT2021

2021年の1月6日(水)から8日(金)まで、Regional Scrum Gathering Tokyo 2021(RSGT2021)に参加させていただいていました。

イベントそのものに関するレポートは既に多くの方が書かれているので、私はイチ登壇者としての視点からの個人的体験をまとめてみます。

※他の方のレポートは、こちらから見つけられます。



1. 登壇による「現場での経験」の答え合わせ

学術や理論を整理して話すことに(私よりも)長けた方々が既にたくさんいらっしゃるので、私は「現場での経験」、特にソフトウェア開発の実務での実験・失敗・発見の生々しい話、実践知にフォーカスしてお話させていただくように心がけています。

特に今回は、「SET」(テスト自動化やDevOpsなど、特に技術的アプローチからアジャイルを推進するロール)として社内ツール群を提案・開発・運用し続けた経験をもとに、社内ツール視点でのプロダクトマネジメントについてお話させていただきました。

開発者主体だとどのような行動・失敗をしがちなのかという情報とその克服案を、アジャイルコーチ・アジャイルを実践中の方・アジャイル初心者の方いずれにも提示して、私自身および参加者の双方に考える場を提供しようというのが、私のねらいでした。

その点では、「SETという役割・チーム自体が私たちのプロダクトとも言える」という視点を得られたことが、私的には大きなプラスでした。

2. 「共に苦しんで共感を育むこと」の裏付け

私は昨年のRSGT2020の発表で、「共感・思いやり」に「compassion」という英単語を当て、

  • この「compassion」の語源がラテン語の「compatio」であること
  • 「compatio」の意味が「共に苦しむ」であること
  • 同僚や支援先チームと一緒に問題解決に取り組んで「共に苦しむ」ことで「共感」を育くみ、課題解決を加速させる

という話をさせていただきました。

これと近しい考え方が、クロージングキーノートの野中郁次郎さんの発表にも出てきて、自分自身の気付きと発表内容に裏付けを得られたことが非常に嬉しかったです。

ちなみに、「共感」に「empathy」の英単語を当てていたら、上記の考えには気付きにくかったです。怪我の功名でした。

3. フラクタルな組織「だった」(いろいろな意味で)

私自身、アジャイルコーチになって「多くの観察から自分自身を成長させられてきた」経験とその喜びから、これを他の人や組織にも広げたいと思い振る舞い続けてきました。

また、私自身が数年前に体調を崩したことから、私がいなくても自律的に考え成長し続けられるチームづくりを心がけていました。私がリーダを務めるSETチームは、それを志向し続けています。

加えて、そのような個人・チームは、上位の組織(あるいは会社)を「乗り越えて」価値を提供し続けられる強みがあるとも考えていました。

これらを「フラクタル」という考え方である程度整理できること、一方で適切な言語化を私自身ができていなかったことで周囲に伝え切れていなかったな〜という反省を得られたことが、今回のカンファレンスでの1番の個人的収穫かもしれません。

というわけで、早速こちらをいま読んでいます。



4. 私だからできる「貢献」を

  • より「アピールしやすい」プロポーザルの書き方の工夫・アイデアを、数度にわたってDiscordでお話しさせていただきました。今回のカンファレンスで「話をしてみたい!」と思われた方の背中を押せれば嬉しいです。
  • 私なりのプレゼン資料の書き方の工夫・アイデアを、数度にわたってDiscordでお話しさせていただきました。長沢さんとは別の視点から、アジャイルコミュニティに9年ほどいる私自身の「秘伝のタレ」を「伝授」しましたです。
  • 参加者の多くに、特にスマホアプリのテスト自動化に悩まれている方が多かったので、「お互いにコミュニティ活動を通じて知見を共有し合おう」と提案させていただきました。ちょうど同僚が同じ目的で「てすらぼ」というコミュニティを運営していたので、こちらを紹介させていただきました。続きはここで議論しましょ〜



さいごに

ちょうどコロナ禍の拡大で判断が難しい状況で、このような素晴らしい機会を提供してくださったスタッフの皆さま、参加者の皆さま、応援してくれた同僚のみなさんに感謝です。

また、Among Usを一緒にプレイしてくださった方にも感謝です。(またやりましょ〜!)